20世紀におけるアメリカの歴史

20世紀におけるアメリカの歴史はどうだったのでしょうか。
20世紀初頭、アメリカは工業国として発展し、主に農村部に人口が集中していました。
アメリカは1914年に第一次世界大戦に参戦し、戦後は移民が大量に流入しました。
1930年代は世界恐慌で経済的に苦境に立たされ、1940年代には第二次世界大戦による特需で繁栄を取り戻しました。
1950年代からソ連との冷戦に突入し、1960年代にかけては、社会の変化と公民権運動の台頭がありました。
20世紀後半は、ソビエト連邦の崩壊、レーガン大統領の誕生、そして2001年9月11日の同時多発テロが起こった。
1900年からのアメリカ
20世紀初頭は、アメリカにとって大きな変革の時代であった。
20世紀初頭のアメリカは、農村部を中心に工業国として発展していました。
1910年代は、アメリカにとって大きな変化のあった10年間でした。アメリカは1914年7月28日から1918年11月11日にかけて、第一次世界大戦に参戦し、戦後数年の間に大量の移民が流入した。
第一次世界大戦終結後は経済成長期を迎えましたが、1930年代には世界恐慌が起こり、経済的苦境に陥いりました。
1940年代に第二次世界大戦を経て、アメリカは再び繁栄が訪れる。
第二次世界大戦後、アメリカは世界をリードする大国となった。
1950年代から1960年代にかけて経済成長期を迎え、公民権運動が盛んになりました。
20世紀後半には、ソビエト連邦の崩壊、レーガン大統領の誕生、そして2001年9月11日の同時多発テロが起こりました。
20世紀のアメリカ大統領
20世紀のアメリカ大統領は、ウッドロウ・ウィルソン、ウォーレン・G・ハーディング、カルヴィン・クーリッジ、ハーバート・フーバー、フランクリン・D・ルーズベルト、ハリー・S・トルーマン、ドワイト・D・アイゼンハワー、ジョン・F・ケネディ、リンドン・B・ジョンソン、リチャード・ニクソン、ジェラルド・フォード、ジミー・カーター、ロナルド・レーガン、ジョージ・H・W・ブッシュ、ビル・クリントン、ジョージ・W・ブッシュである。

20世紀におけるアメリカの歴史
Scroll to top