神仙桑抹茶ゴールドは茶師が選んだ青汁

野菜は体に良いという言葉をよく耳にすると思いますが、実は身近なもので体に良い食品がもう一つあります。それがお茶で、抹茶などは100g辺りの栄養で比べてみると大変優れた栄養豊富な食品だということが分かります。ですが抹茶だけを大量に摂取するとカフェインも大量に摂取することにつながるので、中々難しいのです。そこで、お茶と野菜を上手くブレンドした神仙桑抹茶ゴールドという食品があります。
神仙桑抹茶ゴールドは簡単に言えば青汁の仲間なのですが、他の青汁とは大きく違う点があります。それは野菜汁というよりも、お茶や飲み物に近いという点ですね。いくら健康に良いといっても青臭い野菜汁を好んで飲みたい人はいないと思います。ただ、神仙桑抹茶ゴールドならば飲み物として気軽に飲むことができるので、毎日続けやすいのです。
神仙桑抹茶ゴールドはプロの茶師が製造に携わっており、青汁という作り方ではなく、お茶として作られています。原材料は桑の葉、緑茶、シモンの三つから出来ており、それらを上手くブレンドして飲みやすいお茶として仕上がっています。そのため、野菜が嫌いなお子さんでも問題なく飲むことができるのです。
神仙桑抹茶ゴールドは便秘解消やミネラル分の不足を補うことに向いています。よくミネラルというと海藻をイメージする人が多いですが、野菜から摂取することもできるんですね。ですからこの神仙桑抹茶ゴールドを飲むことによって現代人にとって不足しがちな栄養を無理なく補給することができるでしょう。

神仙桑抹茶ゴールドは茶師が選んだ青汁
Scroll to top