沖縄に興味を持ってもらい旅をしてもらいたいんです。安いゲストハウス・ホテルへのリンクも載ってるよ

沖縄の人々は、常に土地の人々であった。田んぼや海で農業や漁業を営み、質素な暮らしを営んできました。何世代にもわたって、土地と平和に暮らし、土地を傷つけずに守るためにベストを尽くしてきたのです。

赤い糸にはどのような意味があるのでしょうか?赤い糸は、生と死の旅、輪廻転生のシンボルです。肉体と精神世界、生者と死者の間のつながりの象徴です。

沖縄の人たちは決して裕福ではありません。ほとんどの人が農業に適さない土地に住んでいます。生きるために十分な食料を得るためには、懸命に働かなければなりません。しかし、彼らには土地に対する義務があり、土地を守るために懸命に働かなければなりません。

彼らは土地の力を信じる、とてもスピリチュアルな人たちです。祖先への深い尊敬と、子や孫への深い責任感を持っているのです。

しかし、状況は変わりました。私たちの祖先は貧しく、生きるために必要なことをしてきました。しかし、今ここに住んでいる人たちは貧乏ではありません。彼らは教育の恩恵を受けており、かつてのように食物を育てることができなくなったことを知っています。また、熱帯雨林は伐採されるのではなく、保護されなければならないことも知っています。

沖縄の子どもたちは、古いやり方に反抗し始めています。どうしてこんなに働かなくちゃいけないの?どうして食べ物を作るためにこんなに働かなくちゃいけないの?なぜ、こんなに苦労して土地を守らなければならないのか。どうして他の人たちと同じように暮らせないんだ?彼らは自分の子どもたちを大都市に移住させ、テレビの中の人々のように暮らさせたいのです。農家ではなく、医者や弁護士、エンジニアになれというのです。沖縄の人々は、子供たちの質問に答えるのがますます難しくなってきている。彼らは、人生にはただ生きること以上のことがあることを知っています。地球が何よりも大切なことも知っている。そして、誰かが地球の世話をしなければならないことも知っているのです。

沖縄の長老たちは、将来について、そして自分たちがどのようにこの土地の面倒を見ることができるかについて考え始めています。自分たちは長くは生きられないとわかっているからです。子どもたちは成長し、これまでとは違う生き方をしたいと思うようになりました。年長者たちは、自分たちがもうすぐ死ぬとわかっているので、心配しています。自分たちがいなくなったあと、誰がこの土地の世話をするのか、心配している。自分たちが愛している人たちが忘れ去られることを心配しているのです。

この物語の教訓は何でしょうか?この物語の教訓は、沖縄県民の土地に対する義務は神聖なものであるということです。沖縄県民には、土地を尊重し、未来のために土地を守り、子供たちに土地についてできる限りのことを教える義務があるのです。

沖縄に興味が出ましたか?旅をしたくなった?ならこのウェブサイトを訪れてください。沖縄・那覇・国際通りの1000円以下のゲストハウス・ホテルのリスト沖縄を安い旅費で楽しむためのゲストハウスやホテル、民宿などのリストが嫌というほど載っています。あなたは安く沖縄を旅することができます。一人旅でも友達との旅行でも家族旅行でも同じです。お金を節約して旅を楽しむことができます。那覇市、国際通り、名護、宮古島・石垣島様々な沖縄のエリアのゲストハウスやホテルが載っていますよ。琉球を楽しみましょう

沖縄に興味を持ってもらい旅をしてもらいたいんです。安いゲストハウス・ホテルへのリンクも載ってるよ
Scroll to top