朝起きられないが、夜元気な人たち

朝は起きられないが、夜は元気な人
朝はどんなに頑張っても、体がだるくて起きられない。でも、なぜか日が落ちると元気になり、夜の生活を楽しむ。
こんな傾向の人がけっこういる。
一見、うつ病の日内変動に見えるかも?しかし、当の本人は特にストレスを感じているわけではなく、朝が苦手で夜になると元気になるのです。
朝がだるい」と感じる方には、まず朝食をきちんと食べることをおすすめします。
朝食を食べる習慣がない人は、スープやヨーグルト、豆乳などから始めてみてください。
朝食を食べることで内臓が動き、体内時計がリセットされ、血糖値の上昇を促すことができるのです。
低血圧の人がだるさを感じるのは、体内を循環する血液量が減り、血液を送り出す機能が低下して、酸素や栄養が全身の細胞に届きにくくなるためです。
低血圧の人が朝にだるさを感じやすいのは、このような理由もあるのです。
また、朝にだるさを感じる理由として、時間の変化も挙げられます。
季節が変わると、私たちの身体は新しいスケジュールに適応しなければなりません。
春になると、日が長くなり、私たちはその長さの変化に適応しなければなりません。
これは、朝早く起きることに慣れた人にとっては難しいことです。
1日の長さの変化に適応するために、いくつかできることがあります。
新しいスケジュールに慣れるまで、毎日少しずつ早起きしてみるとよいでしょう。
また、新しいスケジュールに慣れるまで、毎晩寝る時間を少し遅らせるようにすることもできます。
新しいスケジュールへの適応に問題がある場合は、医師に相談するとよいでしょう。
まとめ
朝は起きられないけど、夜は元気という方は結構いらっしゃいます。
これにはいくつかの理由が考えられます。
朝起きられない人は、朝食をきちんと食べて、新しいスケジュールに慣らしてみてください。
それでも問題がある場合は、医師に相談するとよいでしょう。
http://www.unzenso.com/

朝起きられないが、夜元気な人たち
Scroll to top