外壁塗装のツートンカラー

おすすめのツートンカラーの組み合わせ
外壁をツートーンにしたツートンカラーも人気です。
ツートン塗装では、主に6:4~7:3の割合で色を使います。
色を上下に分けるか、凹凸にするかで印象が大きく変わるので重厚感もあります。
ツートン カラーは、色の調整方法が原因で失敗することが多いため、事前に最適な組み合わせを把握しておくことをお勧めします。
相性の良い色の組み合わせの例は次のとおりです。
ホワイト×ブラウン
クリーム色×グレー
ホワイト×ブラック
白い羽目板と茶色のレンガなどのツートンカラーや、素材や色の違いで印象が大きく変わります。
レンガを焦点として使用することは、木製のドアやフレームを強調するためによく使用されます。
自宅の外壁塗装をする前にはこちらの専門サイトを一度見ておくことをお勧めします。
https://www.g3ida.com/
汚れに強い場合はグレー
汚れを目立たなくしたい場合は、外壁の色はグレーがおすすめです。
一方、白や黒は汚れやすいのでおすすめしません。
外壁を黒く塗れば汚れが目立たなくなると思っている方も多いと思いますが、外壁に付着した汚れはグレーになっていてさらに目立ちます。
グレーは外壁の汚れに一番近いので、外から汚れが目立ちません。
耐久性に優れたホワイト
外壁の耐久性を求めるなら白か白に近い色がおすすめです。 白は熱を反射する効果があり、日射による外壁の損傷を防ぎます。
青や茶色などの色のついた外壁は、白に近いほど耐久性が高くなります。

外壁塗装のツートンカラー
Scroll to top