国家資格って一体なに?どんな資格があるのか紹介します!

製造業の仕事は、担当する工程によってさまざまなスキルが必要です。
製造技術の中には危険なものもあり、一定以上の知識が必要なものもあります。そのような仕事の中には、資格を持っている人でなければ扱えないものもあります。
そして、資格には様々な種類があり、中には「国家資格」と呼ばれるものもあります。
今回は、そんな国家資格について、知っているようで知らないことをお伝えします
国家資格とは、その人の知識や技能が一定レベル以上に達していることを国が認定・保証するものです。
国家資格は、法律で定められた規定の種類によって、次の4種類に分類されます。
業務独占資格
弁護士、公認会計士、司法書士など 無資格者が行ってはいけない業務を独占的に行うことができる資格。
名称独占資格
栄養士、保育士など、有資格者のみに名称を使用させる資格。
資格の設定義務
特定の仕事をするために、法律で定められた資格のこと。
技能検定
業務に関する知識や技能を評価する資格。
国家資格は、国の法律に基づいて各分野における個人の能力・知識を評価し取得するもの。それ以外の資格は民間資格です。
国家資格と民間資格の違いは、認定団体が民間であることです。民間の団体や企業が独自に基準を設け、資格を認定しています。
広がる業務範囲
特に製造業では、有資格者でなければできない仕事が多くあります。国家資格を取得することで、仕事の幅が広がるだけでなく、キャリアアップにもつながります。
給与のアップ
有資格者の時給が高くなったり、資格を持っているだけで資格手当がつく仕事もあります。(例:フォークリフト免許を保有していると基本給が+100円アップするなど)
社会的信用度が高い
資格や免許を持っていることは、知識やスキルがあることの証明になります。特に国家資格は、国の法律に基づき、各分野における個人の能力や知識を判断するものであるため、社会的信用が高いと言えます。
このように、キャリアアップを叶える資格の中でも、国の法律に基づき、スキルや能力を証明する国家資格は、社会的な評価が高いのです。
国家資格とは、国の法律に基づいて個人の各分野における能力や知識を判定し、特定の職業に従事する資格があることを証明する資格である。国家資格として定められた資格以外は、すべて民間資格となります。
国家資格の具体的な取得方法やおすすめについては下のページで紹介しています。
ひのブログ(国家資格取得のロードマップ)
ぜひ、国家資格を取得して仕事の幅を広げてもらえればと思います。

国家資格って一体なに?どんな資格があるのか紹介します!
Scroll to top