ドラッグストアはなぜこんなに多い?

薬局は何のためにあるのですか?
薬局は、薬剤師が販売または調剤のために医薬品を調合する場所です。

薬剤師の年収相場、賞与相場はこちらの記事で特集しています。

調剤とは、「特定の人の特定の病気や状態を治療するために、医師や歯科医師が発行した処方箋に従って、1種類以上の医薬品を組み合わせたり、1種類以上の医薬品を特定の量、特定の強さで、特定の使用方法に従って使用し、医薬品を調合すること」であります。
薬局とコンビニエンスストア、どちらが多いですか?
厚生労働省が収集した最新の薬局数は59,138件(2017年末)で、前年より460件増加しました。これは、同期のコンビニエンスストア56,334店から増加したものです。
薬局はどのように成長しているのか?
薬局は引き続き好調に推移しています。医薬品やコンビニエンスストアに加え、最近では食品販売に力を入れ、コンビニエンスストアやスーパーマーケットから顧客を迂回させるチェーンも増えています。日本薬局チェーン協会によると、2016年に市場規模が百貨店を上回り、17年は2年連続で5%増となった。
薬局 食品 なぜ?
なぜ食品を取引するのか?薬局が食品の販売に力を入れるのは、お客様の来店頻度を高めることが最大の目的です。粗利率の高い医薬品や化粧品は、薬局の収益の柱である。しかし、いずれの商品も回転率が高く、集客は容易ではありません。
なぜ薬局は成長できたのか?
1980年代に入ると、医薬分業が促進され、多くの薬局で保険契約業務が行われるようになった。薬局もその流れに乗り、市販薬の販売にはあまり熱心でなくなった。つまり、薬局が成長したのは、OTC医薬品に『見切りをつけた』からだ」と、ある薬局チェーン幹部は言う。

ドラッグストアはなぜこんなに多い?
Scroll to top