ケロイド状の傷跡に医薬品クリーム処方を試したけど効果があまり見られなかった

目立つ場所に傷跡ができて、私の場合ケロイド体質というもので、傷跡が更に盛り上がりミミズ腫れになってしまうので困っておりました。
普通の体質の方であれば、ただのひっかき傷で済むのが、私の場合は他人からみて「何があったの?」と思われる状態になってしまうのです。

常日頃そう言ったことを気を付けているのですが、不意に怪我してしまい傷跡を抱えてしまったのです。

私が取り入れたスキンケアの一つで傷跡を消すという医薬品クリームを購入しました。
売れに売れているヒット商品であり、口コミレビューを見ても治ったという口コミもいくつも見かけているので、期待をしていました。

効果はいまいちと言った印象でした。
同じタイプの医薬品ローションも買って試したのですが、私の場合断然そっちが良いです。
何故ならクリームだとベタベタするのと、体感的に傷跡の表面はコーティングする力は強いと思うのですが、肝心の成分が奥まで浸透していく感じがしないのです。
あくまで表面上だけ付いているだけという感じです。

傷跡ができてしまうと、コラーゲンやエラスチンなどの弾力成分が失われているので、再生するのは難しいそうです。
ニキビ跡くらいの凹みなら、効果の高い美容液を使うことで改善することもあるようですが、私の場合は皮膚の土台奥に損傷が入っているため、完治させるのは難しいということでした。

ビーグレン たるみ毛穴では、毛穴が広がり深く垂れてしまった状態でも、ビタミンC美容液の効果で毛穴部分をふっくらさせることができると書かれています。レチノールなどの成分を加えるとより効果的だそうですよ。

ケロイド状の傷跡に医薬品クリーム処方を試したけど効果があまり見られなかった
Scroll to top