オールインワンジェルのメリットとデメリットを解説します

メリット①基礎化粧品の購入費用を抑えることができる
オールインワンジェルの価格は様々ですが、1ヶ月分で3,000円前後のものが多いです。

これは、化粧水やクリームなどの基礎化粧品よりもはるかに安いですよね。
オールインワンゲルを使うことで、時間だけでなくお金も節約できるのは大きなメリットでしょう。
メリット②肌への負担を軽減できる
いくつもの基礎化粧品を肌に塗ると、摩擦が大きくなり肌への負担が増えてしまいます。

丁寧に塗っているつもりでも、どうしても肌をこする回数は増えてしまうため、その摩擦が肌トラブルの原因になってしまうこともあります。

仮に、1日に肌に触れる回数を数回でも減らせば、数年後にはかなり減らすことができますよね。

高価な化粧品にお金をかけるのもいいですが、肌トラブルの原因となる摩擦を減らすことで、肌のダメージを防ぐことができる可能性は高いです。
▼おすすめのオールインワンジェル▼
保湿力、成分、使い心地、ベタつきにくさを重視したい人におすすめなのがエクラシャルムです。
軽いつけ心地で保湿力が高いことが利用者の口コミでも高く評価されています。
amazonや楽天でも販売していますが、最安値は公式サイトの定期コースです。
エクラシャルム 市販
初回の値段も安いし継続回数に縛りはないため試しやすいですよ。
ニキビを防ぐ効果もあるのでニキビが気になる人にもピッタリのオールインワンジェルです。
デメリット①基本的なスキンケア製品の効果をすべてカバーできない
化粧水からクリームまで、基本的なスキンケアの役割を果たしますが、個々の効果はどうしても低くなってしまいます。

本来であれば、化粧水をたっぷりとつけて肌に潤いを与え、乳液やクリームなどの油分で蓋をするのですが、すべてを一度につけてしまうため、それぞれの製品を順番につけたときとは結果が大きく異なることが多いのです。
そのため、潤いが足りないなど何かが足りないと感じたときには、対応する美容液などを追加することで、正しい感触を得ることができます。
デメリット②何が合わなかったのかがわかりづらい
オールインワン商品は1つの商品に水や油、植物エキスなど多くの成分が含まれているため、1つの商品でスキンケアを完結させることができます。

ですがヒリヒリ感や赤みなどの肌トラブルがあったときに、どの成分が自分の肌に合わないのかがわかりにくいことがデメリットになってしまいます。

肌が弱く化粧品でかぶれたことがある人は、すぐ顔に塗るのではなく手の甲などの目立たない部分で試すパッチテストを行いましょう。

オールインワンジェルのメリットとデメリットを解説します
Scroll to top